その者の名はsalt

塩

Author:塩
名前 Salt/性別 男性
ジョナサン
カイジ
なる
とかく
なつき

つぶやいてるらしい

Let'sブログ内検索

黒歴史の塊

過疎計測器

話しかけてきた物好きの方

トラック in バッグ

全記事読む変態など居るものかーッ!

全ての記事を表示する

しっかり種類別に分けている

勝手に友好的にされてるサイト

このブログをリンクに追加する

どう森ときどきポケモン
どう森とポケモンが7割関係ないブログ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スマブラ次回作にスネークが出るとしたら&ゲーム批評について
こんばんは、Saltです。
スマブラforの最後のDLCが配信されて早1週間。
各所ではベヨの即死がどうだの、カムイのカウンターがどうだの、キャラの扱いがどうだので話題が溢れかえっていますが僕は元気です。
今回主にKONAMI側の都合で参戦が叶わなかったスネークが、もし参戦するとしたら?というアイデア(妄想)を記事にまとめようと頑張りました。わずか数個のみですが。
今作に参戦してたら任天堂・CAPCOM・SEGA・バンナム・スクエニ・KONAMIに加えてポケモン・モノリス・プラチナとかいう頭おかしい布陣になったんですがねー!KONAMIはくそ



ベースとしては、桜井氏曰く「最新作に合わせる」方針があるそうなので、MGSVのヴェノム・スネークが基本モデルとなるでしょう。モーションもV準拠。
色変えは8色あるので、MGS2ソリッド、MGS3(PW)ネイキッド、MGS4オールド、MGSVビッグボスあたりをモチーフにしたモデルは抑えておくべきでしょう。リキッドやソリダスは敵だし、雷電もモーションの違和感すごそうだし。あとはシュルクに倣ってネイキッド(裸)もありかな。あとはV本編の野戦服、スニーキングスーツ、バトルドレスあたり。これで8つの色変えが可能になりました。

モーションはV準拠ですが、スマブラらしく各シリーズの良い点は生かしていくべきと思っています。
なので弱攻撃はXと同じ「ジャブ」→「ストレート」→「ローリングソバット」でいいでしょう。Vだとローキックだけどそれじゃ地味だしw
ダッシュAはVの「ダッシュパンチ」が適任。ローリングはVにはないし。
下強攻撃はVのホフク時に使える「足払い」なんかどうだろう。リーチは短いけど強制転倒、みたいな。
通常必殺ワザは「スタンアーム」のチャージ・解放とか。サムスのチャージショットのように長押しで溜めるが、キャンセルで保持はできない。ボタンを離すと目の前に強烈な痺れ攻撃!最大まで溜める(5秒ぐらい?)と雷落としに変化。
横必殺ワザは「ブラストアーム」。Xのニキータとほぼ同じなので省略。
上必殺ワザは「フルトン回収装置」。縦方向に素早く・高く復帰するが、むらびとのバルーントリップのように割られると落下する。横方向にはほとんど動けない方がいいでしょう。
掴みは「ハンドオブジェフティ」。ワイヤー復帰のように遠くまで掴める。X当時と比べてより便利に、またCQCも発展してるので投げは強くするべき。
最後の切りふだはマザーベースからの「支援砲撃」や、V最強のミサイルである「多弾誘導ミサイル」とか。

ベヨネッタがいるとはいえ、MGSはマジモンの銃火器を使う(GZ以降は架空の銃だけど)ので、一応配慮して、CQCを始めとした体術中心のファイターに。Vなので義手もあるし。
カスタマイズで麻酔銃やグレネードを使えるようにするのもありか。

もともと妄想の範疇でやってるんですが、こう考えてると楽しいと同時に、ゲームバランスはどうなるかとか、ここに挙がってないワザのモーションはどうするのか、とか色々問題点も多く上がりますね。
Xのスネークはかなり脚色強め(主に空中面)で、かつかなりのイカれ判定持ちだったのでとやかく言われてましたけど。
原作で戦闘描写の多い作品ならともかく、RPGとかだと特にモーションは困るなあと思います。
今考えていたスネークも、戦闘描写は多いけどほとんど銃撃戦だしねえ。

原作の要素は多分に含みつつ、それといってイメージを壊しすぎない程度にスマブラオリジナルの脚色を加えていくのが一番良いと思います。リンクとか。
ワリオやガノンには確かにもっと使えるモーションあると思うので、積極的に取り込んでほしいかな。
とはいえ再現度の高さ=ゲーム中の強さではないので、落としどころってのは大事ですね。いや、再現度高いベヨネッタやリュウが強いゲームで言うのも変かもしれないけど。

スマブラに対して何かと言いたいことが多いのは分かるけど、最も建設的なのは自分なりにアイデアを披露して他者からの賛同を貰ったり、任天堂に意見として送りつけたりじゃないでしょうか。
公式への意見は無視されることの方が多いだろうけど、ただSNSで「ここがクソ!」「それなわかる」とただ愚痴りあってるよりかは、よほど次作へと活かされるんじゃないかと思っています。最近では公式がネット上での評判を気にすることもあるんですけどね。
かなり小規模かつ個人ブログという立場ではありますが、今後もこういった改善案とかは思い付き次第提案していきたいなと思ってます。それによってゲームがより面白くなるのであれば本望ですね。
肝に命じておくべきなのは、ただ不満点を解消していったらそれはただのヌルゲーになってしまう可能性があるということ。
所詮はプログラムですし、多少厳しい点があるぐらいがちょうど楽しめるのかと。某作品で「弱点があったほうが可愛いじゃないか」というセリフもありますし。某っていうか、スネークの作品であるメタルギアソリッドなんですがね。
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。