その者の名はsalt

塩

Author:塩
名前 Salt/性別 男性
ジョナサン
カイジ
なる
とかく
なつき

つぶやいてるらしい

Let'sブログ内検索

黒歴史の塊

過疎計測器

話しかけてきた物好きの方

トラック in バッグ

全記事読む変態など居るものかーッ!

全ての記事を表示する

しっかり種類別に分けている

勝手に友好的にされてるサイト

このブログをリンクに追加する

どう森ときどきポケモン
どう森とポケモンが7割関係ないブログ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パンツァーフォー!
こんばんは、Saltです。
デレマス最終回でブチギレたぶりの更新ですね。
今ではそれなりに再評価してます。M@GICは悪くないぞ。

僕はこの間、MGSVやMHXをやってました。
そして先程、映画「ガールズ&パンツァー 劇場版」の2回目の観賞をしてきました。
2回目です。

普段映画もまともに観ない僕が劇場で、しかも2回も観ました…
というわけで、(まだ公開中なので)ネタバレしない程度にレビュー。



■そもそもガルパンってなんぞや
「ガールズ&パンツァー」はアニメです。はい、終わり。
実際のところ特に解説しなくても見れば大体分かるのでは。

女の子達が戦車に乗ってドンパチやるっていうアニメです。超簡単に言えば。
初期こそ微妙な評価でしたが、尻上がりに面白くなっていき今や名作評価。

内容としては極めて王道な「友情・努力・勝利!」といった感じです。
深夜アニメかつ女の子が多いながら、あまり露骨な色気というのは少なく(定期的に入りますが)全体尺の半分ぐらいは戦車戦ですね。最後までその無骨なまでのスタイルを貫いた結果の人気でしょう。

ちなみに僕は本放送は未視聴で、今年放送された再放送版のみ視聴しました(OVAも未視聴)。
たったの一週しかしてませんが、それでも僕を劇場へ引き込むような魅力が。

■じゃあ劇場版は?
ぜひとも実際に劇場で見てほしいので詳しいことは書けないのですが…
劇場版でも「王道イズ王道」といった感じです。
2時間もあるアニメ映画としてはロングな尺なのですが、半分以上は戦車戦です。ブレない。

映画館の特長である「大画面スクリーン」「良質な音響」「長尺」をフル活用していると思います。
エンターテイメントここに極まれり、みたいな。

■「大画面スクリーン」
一般的な大型テレビの数十倍もあるスクリーンをフルに使っています(いや当然ですが)。
劇場版ゆえに作画レベルも非常に高く、ぬるぬる動くシーンも多く細かいところまで書き込まれています。
序盤に映る観客1人1人の書き込みレベルを見て驚いた人も多いのでは。
また本作の特徴である高レベルな戦車のCGはさらにブラッシュアップされています。
何がすごいって履帯がほぼ60fps。生き生きと動く戦車は必見。

■「良質な音響」
5.1chサラウンド音声が超大音量!大画面と合わせてド迫力です。
立川シネマシティでは極上爆音上映なんかも行ってたり(ここでは観てないですが)。
冒頭から主砲をバカスカ撃ちまくるので初見はビビると思います。
途中に登場するカール自走臼砲、そしてラストの一騎打ち(正確には違うけど)はすさまじい迫力。
BGMもTVシリーズで使われたものに加え新しく制作された楽曲も。
こちらも大音量で、主砲撃ちまくりの銃撃戦と相まって観客を魅了します。

■「長尺」
上映時間は120分ほど、アニメ映画としてはかなりロング(だいたい90分前後なので)。
監督自身が「無駄なシーンは一切ない」と言うように、全てのシーンに見所があります。
かなーり贅沢なことしてると思います。実際見ると短くも感じてしまう。

■感想
2回観てこんなんしか書けない自分の語彙力が悲しいですが、2回目観てよかったと思います。
1回目の時はストーリーと音響に圧倒されてほとんど内容を思い出せないレベルだったので…w
内容を整理したあとにもう一度観るとより楽しめるかな。

これから映画を観る人や、そもそもガルパンを観たことないって人も、上映前にTVシリーズを3分ちょっとで振り返ってくれるので大丈夫。というか前述の通り単純明快なストーリーなのであまり覚えてなくても・知らなくても特に問題ないと思います。
雰囲気を楽しめばいいのさ!

ちなみに3週目で観たのですが特典は売り切れ?だったようです、残念。
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。