その者の名はsalt

塩

Author:塩
名前 Salt/性別 男性
ジョナサン
カイジ
なる
とかく
なつき

つぶやいてるらしい

Let'sブログ内検索

黒歴史の塊

過疎計測器

話しかけてきた物好きの方

トラック in バッグ

全記事読む変態など居るものかーッ!

全ての記事を表示する

しっかり種類別に分けている

勝手に友好的にされてるサイト

このブログをリンクに追加する

どう森ときどきポケモン
どう森とポケモンが7割関係ないブログ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カービィ3Dレビュー
さっきデデデでGOをクリアして残すは真格闘王のみ。
やることも少なくなってきたのでレビューします。
ネタバレ含みますのでご注意ください。



【ストーリー】
簡潔に言うと「デデデ大王がさらわれたから助けよう」というもの。
「マリオかよw」って思わず突っ込んだけど、よく考えたらカービィでこの展開はかなり珍しい。
カービィでは新鮮なのにゲーム全体では使い古されているという妙な感じで始まります。

ムービーが挿入されますがこれが「SDX・USDX」っぽい作られ方。懐かしさを覚えます。
オープニングと、ラスボス前以外にはワールドクリア時にしかムービーが入らないので快適。

【本編】
相変わらずのカービィである。とはいえボリュームは充分。
しかし携帯機故にちょくちょくプレイ出来るのでやりこんでる感はWiiほどは無かった。
また、今回は各ステージに散らばる「サンストーン(今作の収集要素)」によってボス&EXステージ開放と、やはりマリオっぽい。歴代シリーズではカービィはこの手法はほぼ無かったので少し残念に感じました。
それゆえかサンストーンの位置もあまり難しいところにはなく、あっさりとコンプ。
このコンプ時の報酬がまたアレで、ラスボスのキーホルダー(同じく収集要素)です。その上コンプ自体はラスボス前に可能なので、俺はネタバレされました。あろうことかゲームプレイ中にゲーム側からネタバレされるというw

カービィの目玉要素である「コピー能力」ですが、数は充分。レアなものも含め20種以上が揃っています。
新能力は4つ。いずれもややクセのあるコピーですがそのぶん強力(なはず)。
各コピーのコマンドも新技含め充実していて、飽きることはないと思います。

【ステージ】
アクションゲームの核であるステージですが、今作はやや簡単め。「USDX・Wii」ほど難しさは感じませんでした。コピーが強いのか、敵が弱いのか…
ボスについては歴代でもまぁまぁ強めの部類だと思います。嫌らしい攻撃が多めの印象。
今回の目玉である「3D」のステージですが、うまいこと取り込めていて違和感はありませんでした。視覚的な意味での3Dも、3Dボリューム最大でも目が痛くなることがなく、終始フル3Dで楽しめました。
ステージを前後に移動する際にワープスター(簡易版っぽいのw)に乗るんですが、一部意味があるのか無いのか、連続で奥へ奥へと行く場合があり、あてつけ感がw
影の薄いジャイロセンサーを利用した装置も多く取り入れられています。大砲の導火線など、頭を捻るパズル的要素が多く、なかなかに楽しめたと思います。微調整が難しいのが難点かな。

【ミニゲーム】
「カービィファイターズ!」と「大王のデデデでデン!」の2つ。どちらも今までのミニゲーム以上にやりこめます。
「カービィファイターズ」は見た目もさながらスマブラで、若干体力が多めに感じますがコピー能力同士で乱戦になるのが楽しいですw
「デデデでデン」はリズムゲー。本編の難易度に反して、高得点を狙うと超高難易度。ゆえにやりこめるという悲しみ。

【BGM】
今回も良いBGMが多数あります。その上旧作のアレンジBGMや(主に「Wii」から)そのまま持ってきたBGMも多く、歴代ファンとしては満足のいく仕上がりです。今も「夢の泉(スマブラ版)」を聴きながらこのレビューを書いてますw
あと思うのはやっぱグリーングリーンズって神やね。

【ビッグバン】
前作の「スーパーコピー」に匹敵する特殊能力。
カービィの基本アクションである「吸い込み」を全面に押し出した能力。
それはもう前作のスーパーコピーなんか目じゃないぐらいメチャクチャな能力、まさに宇宙爆誕。
後半になるにつれてこれを使う機会も増えてくるんですがその時のシチュエーションがまた熱い。
正直ラスボスでこれ出てきた時は体が熱くなりましたw
旧作のいわゆる「対ラスボス用能力」と比べると、アクションが吸い込みなので斬新感はありませんが、コピー枠が上書きされずビッグバンは一時的な能力とされ、ステージクリア時にはビッグバンになる前の能力に戻ってくれるのがありがたかったです。

【ラスボス】
今回のラスボスはポッと出。カービィのラスボスなんて大概そうなんですけどね。
とはいえ前座も含め実に6連戦と長丁場になります。正直長いせいで強く感じる。途中の回復アイテムの補給が少ないからですかね。恒例のシューティングは前述のジャイロセンサーを用います。
強さとしては、長丁場になるせいで強く感じるのであって、個別にみるとそれほど強くはない印象。
少なくともマホロアほどではないかな。直前にコピーのもとがあるのもあって彼ほど難しくはないと思います。
ラストのシチュエーションは前述の通り大興奮しました。少なくとも俺はした。マホロア復活(最終形態移行時)ぐらいの衝撃はあった。

【総評】
カービィシリーズとしては十分合格。ファンサービスも豊富でかなり高得点だと思います。
とはいえ携帯機だからなのか難易度は易しめでそこは残念だった。サンストーンについても同じく。
3Dであることを存分に生かした3DSの代表作といっても過言ではないと思います。
それらを踏まえ、かつ「USDX」「ドロッチェ」「Wii」なんかを体験してきた自分としては…93点ぐらい。

Wii以上にしろとは言わないものの少し簡単すぎたかな、と思います。
ファンサービスややりこみ要素は充実していて、手軽な携帯機なのでプレイもしやすいです。
ゲームソフトとしてそれほど高くはない印象です。かなりオススメ。ファンなら買うべし。
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。